Home > ささだブログ

2020新春の集い

24562月15日(土)はぴあ八雲で恒例のささだ浩連合後援会(佐藤龍彦後援会長)主催の新春の集いを開催していただきました。
毎年悪天候の中での開催が続き心配された天候も穏やかとなって安心しました。気になった来会者も500名を超える皆様にお集まりいただき、ありがとうございました。
お忙しい中駆け付けていただいた、おおさか誠二衆議院議員、各首長さん等からは、ありがたいご挨拶をいただきありがとうございました。

4567夏のビールパーティー、冬の新春の集いと毎年開催し、今回で通算18回目のイベントとなり、毎年楽しみにしている方もいて、特に好評をいただいている八雲蕎遊会の皆様に提供いただいている蕎麦にも人気が集まっています。
私の議員活動も、今年春からはいよいよ10年目、3期目の折り返しで50代最後の一年になります。
初心を忘れず、地域の課題解決などにこだわった活動をこれまで通り進めてまいります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

熊石高齢者ふれあい演芸会とおおさか誠二新春の集い

IMG_06452月15日(土)は熊石地域で開催された高齢者ふれあい演芸会と長万部町で開催されたおおさか誠二新春の集い、その後の長万部地区連合の定期総会に参加し、私の新春の集いのために会場に向かいました。
unnamedふれあい演芸会は毎年恒例で今年も熊石地域の、保育園児や高齢な芸達者が約200名の参加者を歌や踊りで楽しませました。

長万部町「あつまんべ」での逢坂代議士の新春の集いは、ここでも大盛況となり用意した席がすぐに満席となり、追加で用意するほどでした。引き続き同会場で地区連合総会、懇親会と、続けての参加者も多く議論も白熱したところです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

落部婦人ボランティア

IMG_06522月14日(金)八雲町落部地区で活動している落部婦人ボランティアの新年会に参加しご挨拶させていただきました。
日頃のご支援への感謝とボランティアの皆様の努力で地域が明るく安心して暮らせることなどお話しさせていただきました。
総会には会員15名ほどの参加で会員の減少や高齢化が課題です。
しかし、会員のほとんどが活動家でチームワークの良さが素晴らしいこの会は、八雲町内落部全区約600戸のエリアで地域ボランティア活動を実践する団体です。
八雲町や社協の福祉事業に協力するなど地域になくてはならない団体です。
私も恒例の輪投げゲームやビンゴに参加し楽しい一日となりました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

北海道季節労八雲支部定期大会

IMG_06662月11日(火)八雲勤労者センターで北海道季節労働組合八雲支部の定期総会に出席しご挨拶させていただきました。
歴史は古く八雲が季節労働発祥の地で56回目の定期総会です。
全国には積雪寒冷地である北海道にしか季節労働組合はありません。
建設業退職金共済制度の周知や通年雇用を求めて共に戦うことなどお話しさせていただきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

さむいべや祭りと新春の集い

IMG_06262月9日(日)もおおさかさんの新春の集いはつづき、木古内、知内地区での開催で、私もご挨拶させていただきました。
IMG_0642木古内へ出発前に八雲町の道立公園噴火湾パノラマパークで開催されている、第33回八雲さむいべや祭り開会式でご挨拶させていただきました。
8日の前夜祭、今日の本祭と先日まで芝生が顔を出す最悪のコンディションから一変絶好の冬のイベントらしく一面雪で覆われた会場には、様々な企画や催しが予定され、子供たちの歓声が響き渡りました。
木古内町公民館で開催されたおおさか誠二新春の集いは、知内・木古内両町から多数ご来場いただきました。
大森木古内町長さん、西山知内町長さんからのご挨拶でいただいた課題に対応する内容も含めて逢坂さんからご挨拶がありました。
祝杯後も会場の皆様からの質問・要望、疑問などに答えながら集いが進められ、私も時折マイクを振られながら道議会新庁舎の喫煙問題などにお答えさせていただきました。

さむいべや祭り (2)
さむいべや祭り (3)
さむいべや祭り (4)
さむいべや祭り (5)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

道南医療総会と森町新春の集い

IMG_06402月8日(土)は七飯町内ホテルで開催された北海道医療等関連労働組合道南地区医療連絡協議会(道南医療)の学習会、定期総会、旗開きが開催され、学習会の冒頭ご挨拶させていただきました。
昨年報道された公立・公的医療機関の再編などで医療現場は不安や混乱があります。

IMG_0624しかし、地域医療は命を守る砦、人口減少や医師不足・偏在など課題があっても守り抜く覚悟が必要です。
挨拶後は森町で開催の逢坂代議士の新春の集いに参加しました。
事前に漁業者からのホタテ養殖事業への要望を受けました。
噴火湾渡島管内漁協6単協は水揚げ数量計画を約2万5千tとし、A貝9㎝と販売規格を引き上げ差別化に努力しているものの価格が上がらず苦戦しています。
人件費やザラボヤ対策などコストも増加しており、2~3年程度続くことが予想され、国や道に実態を認識してほしいとの内容です。
森町ホテルでの新春の集いは例年以上に多くの支援者に来場していただき、急遽別会場(ホテル内の居酒屋)でも開催するほどになりました。
逢坂さんからは森町の課題と国会での活動など丁寧なあいさつがあり来場者から大きな拍手を受けました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

定例委員会とヒアリング

IMG_06092月4日(火)と5日(水)は道議会各常任委員会、特別委員会の定例委員会でした。両日ともに終了後には第1回定例道議会への提出予定の主要事業に対する予算概要と条例改正等のヒアリングが開催されました。しかし、予算概要の内容は調整中のままで、具体的なスケールや詳細は分からずじまいです。知事査定が遅れているとの理由ですが、知事は議会議論や審議をどのように考えているのかが疑問です。

4日開催の農政委員会
議 事
1.道外調査実施報告の件 (委員長報告)
1.令和2年普及奨励等となった農業技術の概要に関する報告聴取の件 (首席普及指導員報告)
1.北海道スマート農業推進方針(素案)に関する報告聴取の件 (技術支援担当局長報告)
質 疑
1.中野渡 志穂委員(公明) ~令和2年普及奨励等となった農業技術の概要について
1.滝口 直人委員(自民) ~北海道スマート農業推進方針(素案)について
1.松本 将門委員(民主) ~北海道スマート農業推進方針(素案)について
質 問
1.滝口 直人委員(自民) ~雪不足により懸念される農業への影響等について

5日の少子・高齢社会対策特別委員会
議事
1.介護サービス事業所における令和元年度(2019年度)介護職員実態調査結果に関する報告聴取
の件 [保健福祉部次長報告]
質 疑
1.藤沢 澄雄委員(自民)~介護サービス事業所における令和元年度(2019年度)介護職員実態
調査結果について
質 問
1.真下 紀子委員(共産)~子どもの支援事業に係る市町村連携について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

知事への予算提言・要望

IMG_06392月3日(月)道議会民主・道民連合議員会会派は鈴木直道北海道知事に対し2020年度北海道予算や政策についての提言と要望を実施しました。
内容は多岐にわたり、地財確立、地方創生、雇用安定創出、医療福祉、子ども子育て、インフラ整備、地域交通、環境、農林水産、観光、地域経済、エネルギー、防災減災、人権、教育、北方領土と16項目84の提言要望内容です。

DSC08024ほかにコロナウイルスの影響対策、IRへの対応など説明したのち意見交換させていただきました。
会派はこの提言などをもとに第1回定例会で知事の姿勢を質していくことになります。
代表質問は私が担当する予定となっていますので、予定されている3月4日まで、政策審議室と共にしっかりと準備を進めていきます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

おおさか誠二新春の集い(函館市)

IMG_06082月2日(日)函館市内ホテルでおおさか誠二新春の集いが開催されました。
会場は超満員で、相変わらずの人気です。
年内に解散総選挙が現実味を帯びてきていますが、逢坂代議士はこれまでどおりに国政の課題や地域の課題などを提起されました。
また、解決のため地域と共に国政の場でしっかりと取り組んでいかれることなど年頭に当たって支援者と約束されました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

農政委員会調査

IMG_06191月27日(月)から30日(木)の日程で熊本・福岡・山口の各県で農政委員会調査を実施しました。
27日は午前に新千歳から出発し、羽田経由で熊本空港に入り、熊本県合志市で農研機構九州沖縄農業研究センターでの研修視察予定でしたが、熊本空港は低気圧の影響で台風並の風により羽田に引き返し、この日の調査をキャンセルし、2日目に予定した福岡に向けて再度飛行しました。
条件付き運航でしたが、午後7時に無事に福岡空港に着きました。
2日目の福岡では九州農産物通商㈱で九州の農畜産物と加工食品の輸出の取り組み状況を伺い、午後は福岡市中央卸売市場青果市場(ベジフルスタジアム)で青果物流通について調査しました。

IMG_0618この市場は福島市内の3か所を統合し平成28年度に新設された市場です。
IMG_0617機能的でコンパクトな施設はコールドチェーンを充実した国内最先端市場です。
3日目は山口県に新幹線で移動して旭酒造㈱での日本酒製造と酒米、海外輸出など獺祭を中心としたさまざまな取り組みを調査しました。
まず、原料となる酒米「山田錦」を生産している農業法人㈱あむ瀬を訪問、旭酒造への契約販売を契機に個々の農家の集合体(構成農家と協力農家)により独自品質の確保にこだわり、酒蔵が求める酒米を生産現場から手掛けることができています。
旭酒造では会社概要、原料調達から販路拡大対策まで説明していただいた後に獺祭を生産いる工場を視察させていただきました。
今後の海外進出や国内でのPRイベントなど販売戦略が楽しみです。
いいもの、おいしいものを世界で認められる工夫は、北海道でも参考となります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top