Home > ささだブログ

ささだブログ 過去の投稿記事

第1回定例会閉会

s-IMG_75733月20日(火)北海道議会第1回定例会が閉会しました。
今定例会は年度末開催とあって、後半には新年度に向けての幹部人事も発表され、特別職人事案件も審議するなど、退職者も含めてあわただしい中での閉会となりました。
JR問題など課題も多く、議会開催中に併せて学習会やプロジェクトの開議なども開催されました。
会期中に実施した会議などをまず報告します。
本会議開催美には議会運営委員会、会派役員会、議員総会が開催され、議員定数協議会PTやJR問題対策PTが断続的に開催されました。
3月20には議会改革協議会が開催され、私も会派からの委員として、今後の協議に参加していくことになりました。
農政委員会では休会日に新ひだか町等を訪問し災害随時調査を実施。
道獣医師会、道商工連盟との意見交換、北方領土問題学習会、観光税学習会、自治労北海道地方財政セミナーや民主議員ネット役員会等々開催されました。

第1回定例道議会は、2月21日(水)に開会、平成30年度道予算、障がい者の意思疎通支援条例、犯罪被害者等支援条例、民泊条例、自転車条例、「旧優生保護法において実施された優生手術に対する補償等の早期解決を求める意見書」などを可決し、3月20日(火)に閉会しました。
会派の代表質問には、梶谷大志(札幌市清田区)議員が立ち、知事の政治姿勢、公共交通対策、行財政運営、医療・福祉課題、一次産業振興、雇用対策など質疑しました。
一般質問には池端英昭(石狩地域)、菅原和忠(札幌市厚別区)、中川浩利(岩見沢市)、松山丈史(札幌市豊平区)、星野高志(札幌市東区)、北口雄幸(上川地域)の6議員が立ち、当面する道政課題、地域課題について道の取り組みを質しました。

s-DSC_0054私は、予算特別委員会の第2分科会で委員長を務めさせていただき、建設部、企業局、環境生活部、教育委員会の予算について審議し、審議経過と内容について本委員会に報告しました。
道の30年度予算案は一般会計2兆7,498億円、特別会計1兆1,186億円の合計3兆8,684億円。一般会計は前年度当初予算比0.1%減とほぼ横ばいですが、特別会計は、国民健康保険の都道府県単位化に伴い国保事業特別会計が5千億円規模で設置されたことなどから、同72.6%の大幅増加になりました。
道税収入は伸び悩み、地方交付税の減少が続き、道債への依存度が2年連続で上昇し23.9%となり、30年度末の道債残高見通しは5兆7,800億円となおも巨額であるなど、危機的で綱渡りの財政運営が続いています。
そうした中で、知事は、30年度予算の重点政策を「未来創生予算」と名付け、「人口減少の危機突破に向け、地域創生の成果を確かなものにする」としています。しかし、この発想は、次々に目先ばかりを変え迷走を重ねる政府の地方創生(人口減少対策)に、ほんろうされる地域の思いとは、かけ離れたものであり、就任依頼15年を経ても中央にばかり目が向く知事の道政運営の姿勢が反映されたものです。
地域では、暮らしていく基盤である医療、子育て、介護などが危機的状況にあり、暮らしや産業に欠くことのできない公共交通が揺らいでいます。特に、一昨年秋にJR北海道が表明した路線問題を巡る道の対応は依然として主体性を欠いたまま1年半近くが経過し、道民、地域の懸念は深まるばかりです。さらに高齢化の進展で、あらゆる分野での人手不足が加速し、医療・福祉にとどまらず運輸交通や商業などを含む地域で暮らすために欠かせない機能が失われつつあります。提案された予算案では、こうした山積する課題への具体的で実効性のある対策は不十分です。
会派は、本会議における代表質問・一般質問、予算特別委員会を通じて、JR路線問題をはじめ、人口減少対策、各分野での人材確保策、働き方改革への対応、観光施策、国際交渉への対処、エネルギー施策などについて論議を展開しましたが、知事の答弁は、難局を打破する意欲に欠け、道民の先頭に立って北海道の未来をつくりあげていく方向性が示されないままで終始しました。こうした議論経過などから、会派は、30年度一般会計予算案については、組み替えを求める動議を提出し、反対しました。
採択された決議・意見書
(◎は政審発議、○は委員会発議)
◎2025年国際博覧会の誘致に関する決議
◎高齢者や若年成人等の消費者被害を防止・救済する実効的な消費者契約法改正を求める 意見書
○北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録に向けた推薦に関する意見書
○根室海峡海域におけるロシア連邦トロール漁船に関する意見書
○旧優生保護法において実施された優生手術に対する補償等の早期解決を求める意見書

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

予算特別委員会

DSC_00133月16日(金)、3月13日(火)からの予算特別委員会各部審査が昨日15日に終了しました。
各分科会で総括質疑に保留された案件について本日午後の本委員会で知事総括質疑が行われます。
予定している各委員からの質問項目は次の通りですが、民進党会派からは梶谷大志政審会長と沖田清志政審筆頭理事が質問することになっています。

DSC_00011番 佐々木 俊雄委員(自民党・道民会議)
1.暴風雪等への対応について
1.人手不足対策について
1.道産食品の輸出拡大について
1.日本ハムファイターズのボールパーク構想について
1.包括連携協定について
1.行政改革について
1.旧優生保護法について
1.北海道新幹線について
1.交通政策総合指針について

2番 梶谷 大志委員(民進党・道民連合)
1.北海道の交通ネットワークについて
1.ボールパーク構想への対応について
1.重点政策について
1.人口減少対策について
1.旧優生保護法について
1.人材確保について

3番 沖田 清志委員(民進党・道民連合)
1.道産食品輸出について
1.新エネルギーの普及・拡大について
1.働き方改革について
1.法定外目的税について
1.国際農業交渉について

4番 滝口 信喜委員(北海道結志会)
1.意思疎通支援について
1.働き方改革について
1.観光振興について
1.交通政策について

5番 志賀谷 隆委員(公明党)
1.SDGsの推進について
1.JR北海道の事業範囲の見直しについて
1.空港の活性化について
1.地域医療について
1.災害対応について


6番 真下 紀子委員(日本共産党)
1.アイヌ政策について
1.カジノ誘致の対応等について
1.談合問題等について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

一般質問終了

3月8日(木)、3月5日(月)から始まった一般質問が今日終了しました。
終了後は予算特別委員会が設置され、私は分科会委員長として第2分科会(建設部、環境生活部、教育委員会)の腹部審査を進める役割を担いました。
一般質問で民進党会派での登壇者と質問項目は次のとおりです。

1日目

【池端英昭議員】
1.災害対策について 
2.農業・農村振興について 
3.道産食品輸出について 
4.科学技術の振興について 
5.妊産婦や人工透析患者への交通費助成について 
6.障がいがある方の施策の充実について 
7.海上技術学校について

【菅原和忠議員】
1.日本ハムファイターズのボールパーク構想について
2.新たな住宅セーフティネット制度について
3.北海道水資源の保全に関する条例について 
4.介護人材の確保について 
5.交通政策について

2日目

【中川浩利議員】
1.災害と観光について
2.アダプテッド・スポーツについて
3.生活困窮者の住宅確保について
4.道外への人材流出に対する対応について
5.稲作・畑作経営の支援について
6.学校における働き方改革「北海道アクション・プラン」について

3日目

【松山丈史議員】
1.「世界とともに歩む持続可能な地域づくり」について
2.「未来へつなぐ人づくり」について
(1)人工知能と人口減少について
(2)超・働き方改革について
3.「豊かな人間性と健やかな体の育成」について
(1)学び方改革について
(2)法教育について
4.「社会で活きる力の育成」について

【星野高志議員】
1.電力システム改革について
2.洋上風力発電について
3.水素社会について
4.科学技術振興について

4日目

【北口雄幸】
1.農業政策と地方創生について
(1)北海道における将来の農業の姿について
(2)農家戸数の減少と地方創生について
(3)国際貿易交渉における道内農産物の影響について
(4)北海道における食料自給率等について
(5)農業競争力強化プログラムによる影響について
2.獣医師の確保について
(1)公務員獣医師確保に向けた対策について
(2)産業動物獣医師の実態について
(3)獣医師確保に向けた奨学資金の創設について
3.JR路線問題について
(1)北海道における将来の鉄道網について
(2)交通ネットワーク形成圏のための鉄路の役割について
(3)宗谷線活性化推進協議会の中間報告について
(4)会計検査院の指摘について
(5)観光資源を活用した取組について
4.組織機構のあり方について
(1)監の配置基準について
(2)機動的な組織のあり方について
5.地域医療の確保について
(1)地域の医師確保について
(2)医師の偏在解消について
(3)広域連携と道の役割について
(4)診療報酬及び介護報酬の改定の影響について
(5)看護職員の確保について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

おおさか誠二新春の集い

IMG_76253月3日(土)、4日(日)はおおさか誠二代議士の新春の集いが鹿部町後援会、木古内・知内町後援会主催で開催されました。

IMG_76283町の町長はじめ議長、町議会議員、後援会員、支援者が集まり各会場で盛大に開催されました。
逢坂代議士から国会での予算委員会の情勢や立憲民主党が法案提出予定の原発ゼロ法案などについて国政報告があり、各テーブルを回ってさらに地域課題などについて意見交換されました。

1234

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

代表質問

2月28日(水)から道議会は代表質問が始まりました。28日は午前自民会派、午後民進会派が登壇しました。民進党会派は政審会長の梶谷大志議員(札幌市清田区)、自民会派も政審会長の田中芳憲議員(恵庭市)が質問を行いました。梶谷政審会長の質問項目は次のとおりです。

一 知事の政治姿勢について
(一)重点政策について
(二)人口減少対策について
(三)産業振興について
(四)人手不足対策について
(五)食の輸出拡大戦略について
(六)北海道150年事業について
二 公共交通の確保について
(一)北海道交通政策総合指針案について
1 鉄道網への道の考え方について
2 地域における負担について
3 単独では維持困難な線区への対応について
(二)JR北海道について
1 道の費用負担について
2 国や道の支援について
(三)道内空港運営の民間委託について
1 段階的な民営化について
2 民間委託化の考えについて
(四)航空振興基金について
三 行財政運営について
(一)財政状況の認識について
(二)財務体質の改善について
四 医療・福祉について
(一)子育て支援の充実について
(二)地域医療の確保について
(三)介護人材の確保について
(四)旧優生保護法に対する認識等について
(五)生活困窮者の支援等について
五 エネルギー政策について
(一)新エネルギー導入加速化基金事業について
1 新エネルギー導入加速化基金事業の縮小について
2 事業規模について
六 一次産業振興について
(一)国際交渉への対応について
(二)農業政策について
(三)林業大学校について
(四)漁業の新規就業者対策について
七 雇用対策について
(一)働き方改革について
1 働き方改革関連法案について
2 働き方改革の実効性の確保について
3 無期転換ルールについて
(二)職業訓練について
1 認定職業訓練校の強化について
2 関係団体との連携について
八 観光施策について
(一)観光税について
1 道の検討状況について
2 増税のタイミングについて
(二)観光振興機構について
1 自主財源確保について
2 機構の役割、あり方について
(三)民泊について
1 民泊事業への準備状況について
2 情報公開等への対処について
(四)IRについて
1 道民理解について
2 今後の対応について
九 防災対策、危機管理について
(一)私立学校耐震化について
(二)防災ヘリについて
(三)北朝鮮ミサイル発射への対応について
1 今後の計画について
2 避難施設の整備について
(四)漂着不審船への対応について
十 北方領土問題について
(一)共同経済活動等について
(二)道の新年度の取り組みについて
十一 アイヌ政策について
(一)アイヌ文化振興法と新たな法について
(二)道のアイヌ施策の推進について
十二 札幌冬季オリンピック・パラリンピック招致について
十三 飲酒運転の根絶について
十四 教育課題について
(一)学力向上策について
1 自ら学ぶ力の育成について
2 福井県での教育行政見直しの動きについて
3 学力向上への取り組みについて
(二)夜間中学について
(三)道徳の教科化について
(四)学校における超過勤務解消について
1 アクションプランについて
2 学習指導要領の改訂について
十五 大規模災害時等の警察の対応について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第1回定例会開会

IMG_75582月21日(水)第1回定例道議会が開会しました。会期は3月20日までの28日間の日程です。
今定例会で会派は、JR北海道の路線維持問題やTPP11や日EU・EPAに対する対応、人口減少社会の在り方などを中心に議論を展開していくこととしています。
一方、高橋知事4期目最後の予算に対する議論も進めていかなければなりません。
新年度予算は総額2兆7,498億円の一般会計予算ですが、今日あわせて国の補正予算に呼応した補正予算も先議されました。
TPP関連対策費を含む1,050億円の補正予算が提案されたが、会派はTPP関連対策として計上すべきではないとの主張をし、反対をしました。
提案された議案一覧です。
朝会議は連合北海道と定例会に向けての連携会議、昼休憩には議場コンサート(札幌市立手稲東中学校の合唱部)が開催されました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

前日委員会

12582月20日(火)は道議会前日委員会が開催されました。
明日からの第1回定例会に向けた条例や補正予算、新年度予算などの事前説明がありました。
午前の農政委員会は約584億円の平成29年度補正予算と約1,306億円の平成30年度予算の概要、条例改正では主要農作物種子法廃止条例などが示されました。
具体的な審議は明日からの定例会で展開されます。
また、2月4日から6日にかけての日高地方を中心に見舞われた記録的な大雪によるビニールハウス被害の現地調査を休会日の23日に実施することを決定しました。

午後は新幹線・総合交通体系対策特別委員会が開催され、定例会提出案件のほか、北海道交通政策総合指針及び北海道航空ネットワークビジョン、新幹線札幌駅ホーム位置協議状況、丘珠空港利活用検討会議状況、道内空港民間委託の報告です。
私からは札幌駅のホーム位置について質疑し、札幌駅の建設費用縮減と地元負担との関係、八雲町、長万部町など沿線自治体の負担等について質疑しました。
新幹線駅は札幌駅と長万部駅だけが現駅に接続し、かつ在来線をJR北海道が運営していく駅となることから、札幌市の負担のあり方が長万部町にも影響することから地元負担のあり方について確認させていただきました。
さらに、将来札幌から旭川延伸にあたって支障にならない構造なのが質疑しました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

知内・カキ・ニラまつり

IMG_75482月18日(日)は知内町のイベント「カキ・ニラまつり」にお邪魔しました。
今年は20回目の開催で、町制施行50周年とあわせて節目の開催となりました。
あいにくの天候でしたが会場は今年も満員となりました。
会場の公民館とスポーツセンターではカキとニラの格安販売や創作料理特産品が販売されるなどで長蛇の列となりました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

新春の集いと熊石高齢者の集い

DSC037562月17日(土)午後に熊石地域の高齢者ふれあい演芸会が開催され、ご挨拶させていただきました。
毎年恒例で今年も熊石地域の、保育園児や高齢な芸達者が約200名の参加者を歌や踊りで楽しませました。

IMG_E7545終了後、私の新春の集いのため、八雲地域に移動しようとしたところ、急に天候が大荒れとなり、国道277号・雲石峠が通行止めになりました。
演芸会には八雲地域からもたくさんの老人クラブ会員が応援に参加していたことから帰りが心配です。
私は厚沢部町経由で何とか新春の集いに間に合いましたが、今年の新春の集いは最悪の暴風雪の中での開催となりました。
来賓等の来場者の到着が心配されましたが、約250名の方々にご来場していただきました。
残念ながら、逢坂誠二衆議院議員はじめ予定していた多数の方が欠席となりましたが、皆様のおかげで今年も実施できましたことに感謝いたします。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

道政研調査視察

2月11日(日)道議会の民進党会派内の政策研究会である北海道政策研究会の調査が2月8日(木)から11日(日)まで鹿児島県内を調査しました。

IMG_75298日は、鹿児島県議会を訪問し、事務局から県の観光振興やかごしま明治維新150年に向けた取り組みの状況を調査しました。
今年は明治元年から丸150年にあたる年であり、鹿児島県ではNHKの大河ドラマ「西郷どん」の主人公である西郷隆盛を生んだ地であることもあり、誘客に向けた取り組みを強く進めています。
一昨年の7月に新しい知事は観光対策にもより力を入れているとの事でした。

DSC049339日は、奄美群島広域事務組合を訪問し、奄美群島振興交付金と奄美振興について説明していただきました。
奄美群島には8つの島があり、1市9町2村の市町村で構成されています。

DSC04952奄美群島成長戦略ビジョンに関することや振興開発事業に関することなど、12市町村で構成する奄美群島広域事務組合が担っています。

DSC0495710日は、奄美博物館と大島紬村などを視察しました。
奄美市立奄美博物館は、約5億5千万円の費用をかけ、昭和62年に建設され、奄美群島の自然・歴史・文化について、展示されています。
特に、唐の時代では、中国との玄関口としての役割を果たし、その後は沖縄の琉球王朝に支配され、戦国時代には薩摩藩の支配下となるなど、さまざまな歴史を重ねているにも関わらず、歴史的な資料は少ないとのことでした。
一方、東洋のガラパゴスと呼ばれる奄美大島の美しく豊かな大自然では、3,300種の植物が咲き誇り、多くの固有種を有する動物たちも展示されています。

 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > ささだブログ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top