Home > ささだブログ

全道幹事長会議

12412月4日(水)立憲民主党北海道の第8回全道幹事長会議が開催されました。
議題は党員やパートナーズの登録・更新状況、当面する取り組みなどについて議論しました。
また、「JR北海道路線維持対策本部」、「オリンピック・パラリンピック対策本部」が設置されました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

一般質問終了と予算特別委員会設置

23412月3日(火)は一般質問7名が登壇、知事の政治姿勢などを質し終了しました。
議会は後半戦の予算特別委員会が27名の委員で設置されました。
予算特別委員会は5日から9日まで各部審査が行われ、10日には知事総括質疑が予定されています。
IR誘致の判断の経緯、JR路線対策、幌延深地層研究施設の取り扱いなど後半戦も北海道にとって重要な課題での議論が予想されます。
民主会派の一般質問者とその質問内容をまとめました。(写真は木葉議員)
【木葉淳議員】
1.若者に対する支援について
(1)高等教育にかかわる給付型奨学金制度創設について
(2)奨学金返済中の若者支援について
(3)就職氷河期世代等への支援について
2.教育課題ついて
(1)夜間中学について
(2)35人以下学級実施について
(3)高等支援学校等の入学者選考について
(4)教職員の欠員解消に向けた取り組みについて
(5)北海道教育の日について
3.子育て世代支援について
(1)病児保育について
(2)乳幼児医療費について
4.CCRCについて
5.知的障がい者用判定依頼書について
6.ウポポイについて
7.道庁喫煙場所について
8.幌延深地層研究センターについて
9.IRについて
【小岩均議員】
1.日ハムボールパーク構想について
2.国際化政策について
3.外国人技能実習制度について
4.千歳川の遊水池について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

自治労鹿部町職員組合大会

IMG_E039711月30日(土)函館市内ホテルで自治労鹿部町職員労働組合(杉目裕史執行委員長)の第47回定期大会が開催され、ご挨拶させていただきました。
鹿部町職は組合員56名の組織で杉目委員長さんから挨拶を受け、私からは道議会開会中であることから、IRに関しての知事の考え方など紹介させていただき、議論に参加させていただきました。
定期大会終了後に開催される、懇親会も兼ねていることもあり、大会での議論もさることながら懇親会での議論も白熱したことと思います。(私は途中で退席させていただきました。)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

代表格質問

11月29日(金)道議会は代表格質問で再開しました。自民、民主、結志各派が質問し、会派からは須田靖子議員(手稲区)が登壇しました。
IRへの答弁は誘致に挑戦するが、来年の申請は見送るとの答弁で、誰からも評価されないのではと心配になります。
今後の議論で質していかなくてはなりません。
民主・道民連合須田の質問項目は次のとおり
1.知事の政治姿勢について
(1)令和2年度重点政策について
(2)憲法論議についての認識について
2.行財政運営について
(1)北海道人口ビジョン及び第2期北海道創生総合戦略について
(2)Society5.0の取り組みについて
(3)クラウドファンディングについて
3.JR北海道路線維持問題について
(1)国に対する提言と要望について
(2)議論の進捗について
(3)JR函館線について
4.災害対策について
(1)北海道強靱化計画について
(2)河川整備計画に基づく水害対策について
(3)情報伝達と避難のあり方について
(4)インクルーシブ防災について
5.医療・福祉政策について
(1)地域医療構想について
(2)子どもの自殺について
(3)北海道ギャンブル等依存症対策推進計画について
(4)看護職員不足問題について
6.一次産業の振興について
(1)日米貿易協定について
(2)食品ロス削減対策について
(3)CSF対策について
(4)サンマの記録的不漁への対策について
(5)サケやホタテなどの輸出拡大の取り組みについて
(6)林業の担い手確保について
7.幌延深地層研究計画について
(1)延長計画案に対する認識について
(2)今後の対応について
8.観光施策について
(1)IRについて
(2)北海道観光について
(3)オーバーツーリズムについて
(4)法定外目的税について
9.北方領土問題について
10.人権政策について
11.プラスチック・スマートについて
12.東京オリンピック2020について
13.日米共同訓練について
(1)訓練に対する認識について
(2)今後の対応について
14.教育課題について
(1)大学入学共通テストについて
(2)教育職員の変形労働時間制について
(3)大学生等の地方定着について
15.交通事故の防止について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

消防学校視察調査

IMG_038811月28日(木)札幌も大荒れで気温も下がり道路状況もよくない中ですが、道議会会派内の消防職員協議会議員連盟と北海道消防職員協議会役員で、北海道消防学校を視察調査させていただきました。
初任者研修で自治体消防から派遣された消防士が寒風の中でも消火訓練や救助訓練を実施していました。
消防学校は改修中ですが、抜本的な改築も計画されています。過酷な訓練で素晴らしい消防士になっていただくためにも、充実した施設での研修が大切です。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

幌延深地層研究期間

IMG_038511月27日(水)は議案審査のため本会議は休会です。
会派は代表格質問者の須田議員、政策審議室中心に精力的に質問づくりに対応しています。
また今日は、幌延深地層研究期間の延長に反対する5団体(生活クラブ生協、北海道平和運動フォーラム、市民ネットワーク北海道、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ連絡協議会、核廃棄物誘致に反対する道北連絡協議会)が道議会への要請でお越しになりました。道内に「核のゴミ」の持ち込みには反対、幌延深地層研究の研究期間20年での終了を求め、各会派に要請をいただきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第4回定例道議会開会

23411月26日(火)令和元年第4回定例会が開会しました。
カジノを含むIRに対する知事の判断が今定例会中にもされることやJR北海道の路線維持問題、幌延深地層研究計画の延長問題、日米貿易協定の北海道農業への影響など、とても重要な課題が山積する議会です。
会派は須田副会長を代表格質疑のバッターに据えて除くこととしています。
今定例会に提案された議件一覧等です。
議件一覧
補正予算

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

前日委員会と自治労議員団会議

IMG_040811月25日(月)は明日からの第4回定例会に向けての常任特別委員会がそれぞれに開催されました。
農政委員会では中央要請実施報告の件、令和元年度第4回定例会提出予定案件の事前説明聴取の件、令和元年度ホッカイドウ競馬の開催結果に関する報告聴取の件、令和元年度政策評価(農政部所管分)に関する報告聴取の件、日米貿易協定等に関する報告聴取の件が審議され、滝口直人委員から日米貿易協定等について質疑がありました。
少子・高齢社会特別委員会では令和元年第4回定例会提出予定案件の事前説明聴取の件、令和元年度(2019年度)政策評価の結果(保健福祉部所管分)に関する報告聴取の件、第4期「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」素案に関する報告聴取の件、第2期「北海道子どもの貧困対策推進計画」素案に関する報告聴取の件が審議され、真下紀子委員から第2期「北海道子どもの貧困対策推進計画」素案について質疑があれました。
終了後には自治労議員団会議が自治労道本部で開催され、第4回定例会への対応を協議しています。
地域の公立病院への政府の対応等々議論させていただきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

連合渡島定期大会

12311月24日(日)は函館市内ホテルで連合渡島地域協議会第30回定期総会が開催され出席し紹介していただきました。
会場には代議員のほか傍聴、来賓含め約150名が参加しての総会となりました。
長谷川義樹会長からは度重なる自然災害への一日も早い復旧・復興への取り組みの報告、統一地方選、参院選について、働き方改革などのご挨拶がありました。
大会では活動方針など五つの議案と新役員が決定しました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

北海道新幹線トンネル安全祈願祭

DSC_006011月22日(金)八雲町のわらび野地区で北海道新幹線渡島トンネル上二股工区の安全祈願祭が開催されました。
私も出席し玉串と鍬入れをさせていただき、安全を祈願させていただきました。

DSC_0014工事個所は八雲町と厚沢部町にまたがる工事で式典には八雲町、厚沢部町の両町長も出席しました。
八雲側から出る要対策土を厚沢部側で受け入れる予定です。
鉄道建設・運輸施設整備機構北海道新幹線建設局の内田次長からは今後工事で出土するの要対策土の量を踏まえて受け入れ地を決めたいと話されました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top