Home > ささだブログ

ささだブログ 過去の投稿記事

おおさか誠二後援会

47683027_1932910160156042_5207777520052600832_n12月8日(土)は函館市内レストランでおおさか誠二後援会(若杉充宏会長)の拡大役員会、引き続けての忘年会が開催されました。
あいにくの天候で積雪も今年一番でしたが、後援会の皆さんが今年一年の代議士の活動ぶりにお話がはずんでいました。
逢坂代議士からは国会での活動が中心となっているが、地元課題にもしっかり取り組んでいること、地元の後援会の皆様の温かい応援があるからこそ国会でしっかり活動できること等お話しになり、さらなる応援をお願いしました。
また、来年の統一地方選、衆院選にも仲間の議員への支援をお願いしていただきました

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

農業政策中央要請

IMG_910512月5日(水)は、議会休会日で農政部幹部職員と農政委員会野原委員長と共に道内選出国会議員、国土交通省、農林水産省関係部局に「国の農業政策に関する提案」、「平成31年度畜産物価格等酪農・畜産政策に関する提案」、「平成30年北海道胆振東部地震に関する要望」をあわせて実施しました。

(立)池田真紀衆議(301205笹田副委員長)日EU・EPAやTPPの合意など、諸外国との経済面での結びつきの強まりを受け適切な国際規律を確立していただくことや加工原料乳生産者補給金や肉用子牛生産者補給金など要請し、引き続き胆振東部地震について万全な対応を求めてきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

一般質問終了と予算特別委員会設置

12月4日(火)は一般質問の3日目で今日で終わりました。
民主会派は三井あき子議員(旭川市)が質問に立ち、次の項目について取り上げました。
6名が質問を行い、一般質問を終了し、予算特別委員会が設置され、7日から各部審査に入ります。
三井議員の質問項目

1.ジェンダー平等参画推進について

2.公契約について

3.働き方改革について

4.博物館におけるアイヌ文化等について


 

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

国際交流の集い

DSC0598112月3日(月)議会終了後に市内ホテルで北海道議会国際交流のつどいが開催されました。
アメリカ、ロシア、韓国、中国、オーストラリア各国の情勢を領事、総領事から報告を受け、交流会で領事館職員や各国の名誉領事の皆様も含めて交流しました。

DSC05980報告された領事、総領事は、レイチェル・ブルネット-チェン在札幌アメリカ合衆国首席領事、ファブリーチニコフ・アンドレイ在札幌ロシア連邦総領事、朴賢圭在札幌大韓民国総領事、孫振勇中華人民共和国駐札幌総領事、ロナルド・グリーン在札幌オーストラリア領事で、各国の情勢や北海道との関わりなど報告されました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

漁業法改正

IMG_910312月3日(月)は一般質問の2日目で、午後から民主・道民連合会派は小岩均議員(北広島市)が日ハムの新球場整備について、外国人労働者の受け入れについて、在住外国人の増加と対策について、消防広域化と諸課題について質問しました。

IMG_9104午前には漁業法等の改正について水産林務部執行部と勉強会を開催しました。
今国会に提出された「漁業法等の一部を改正する等の法律案」について水産林務部播宮部長も参加して、矢本課長から改革の全容、法律案の概要、ポイントなど説明を受け意見交換しました。
漁業は、北海道の主要な産業です。ここ数年、様々な魚種資源の減少等により、漁業者や加工業者に大きな影響を与えています。
日本は島国であり、世界有数の広大な漁場で囲まれ漁業が日本を支えてきたと言っても過言ではありません。
部長からは適切な資源管理の重要性、漁業許可及び免許制度等への心配など意見交換しましたが、今国会中にも可決成立可能性が高くなっていることから、引き続き北海道の対応などを確認しながら、漁業者や漁協、関連産業への影響について注視していかなくてはなりません。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

八雲ライオンズ・Xmas家族会

IMG_910112月2日(日)は事務所で選挙対策組織の立ち上げに向けた会議を開催し、夜は八雲ライオンズクラブ例会と恒例のクリスマスパーティーに出席しご挨拶させていただきました。
家族も参加し、子どもも多数参加して楽しく過ごさせていただきました。
私は途中退席させていただき、月曜日から再開される議会に向かわせていただきました。
また、毎年実施している八雲町立図書館への寄付事業では、教育長に目録が渡されライオンズ文庫の充実に活用いるとお礼がありました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

自治労青年部定期大会と叙勲祝賀会

UJTY028912月1日(土)は北斗市内で自治労道南地方本部青年部(大口和貴部長)の第2回定期大会、八雲町ホテルで開催された前八雲町議会議長小林信夫氏の旭日双光章受賞祝賀会で、それぞれご挨拶させていただきました。

道南地方本部は昨年、基本組合にあわせて渡島と桧山の統合により結成されました。
地域が広範囲となり会議の開催など大変な面もありますが、組織人員が増え、活発な意見も増え、人材も増えるなどの面を有効に活用していく必要もあります。
私からも、青年部時代に経験したことや組合活動で関わった仲間の大切さなどお話しさせていただきました。

NKUS7208小林前議長の祝賀会は約200名もの方がお祝いに駆けつけられ盛大な祝賀会となりました。
町議会議員、議長時代も大変お世話になった八雲町の重鎮です。
温厚で、面倒見のよい方で大学時代の関係者や中学、高校の同級生、農業関係者などの繋がりを大切にしてきたことが来場された方々を拝見し改めて感じさせられました。
おめでとうございます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

一般質問

47577850_920884918035337_7419332588231196672_o11月30日(金)は一般質問の1日目です。今定例会の1日目は、代表質問となり民主・道民連合会派からは松山丈史議員(札幌市豊平区)が質問しました。

質問項目は次のとおり。

【松山丈史議員】

1.知事の政治姿勢について

(1)知事の去就について

(2)職務の成果について

(3)人口減少対策について

2.胆振東部地震等の災害対策について

3.交通政策について

(1)JR北海道の路線維持対策について

(2)道内7空港運営委託後の災害対応について

4.医療・福祉政策について

(1)地域医療の確保について

(2)児童虐待防止対策について

(3)配偶者や交際相手からの暴力防止について

(4)不育症治療について

5.第1次産業について

(1)国際交渉について

(2)ホッカイドウ競馬について

(3)水産林務行政について

(4)漁業法の改正について

(5)トドによる漁業被害対策について

6.経済・雇用対策について

(1)道内経済の状況について

(2)就業支援について

(3)外国人労働者の受け入れについて

(4)介護離職について

7.北方領土問題について

8.IRについて

9.アイヌ政策について

10.博物館等周辺地域の整備について

11.オリンピックについて

12.原子力防災について

13.建築物用オイルダンパーの検査データ改ざんについて

14.企業との連携について

15.教育課題について

(1)夜間中学について

(2)時間外勤務解消のアクションプランについて

(3)業務負担軽減のための人的配置について

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第4回定例会開会

11月27日(火)第4回定例会が開会しました。
会期は12月13日(水)までの17日間として、11月30日(金)から一般質問で再開します。議論の争点は先の胆振東部地震の復旧復興にむけた取り組みやエネルギーの地産地消、16年の任期を終わろうとする知事の政治姿勢、JR北海道の路線維持問題、カジノを含むIRの誘致、その他農業や漁業の第一次産業振興、北方領土問題、教育課題などを中心に代表格質問、一般質問、予算特別委員会各部審査、知事総括質疑と展開します。今日の審議では、提出された補正予算394憶円の内、震災に対する復旧経費である265億円については“急を要する”ことで冒頭に先議し可決しました。
提出された議件一覧。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

前日委員会

11月26日(月)は27日から開会される第4回定例道議会へ向けての農政委員会、新幹線総合交通体系対策特別委員会がそれぞれ開催されました。

提案予定の補正予算や除霊案などが提出予定として事前説明聴取しました。
農政委員会では、平成30年度のホッカイドウ競馬の開催結果、北海道食の輸出拡大戦略の第2起案も報告があった。
具体的議論は明日からの定例会で審議が始まります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > ささだブログ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top